レザー専門店「ニチワレリューム」感想情報

「ニチワレリューム」レザー専門店の感想について

レザー専門店「ニチワレリューム」感想

遊びゴコロをつめこんだモード感漂う濃淡のあるアンティックな素材感が新鮮な表情を醸し出す。

ニチワレリュームは、リピーター数150万件という顧客数をほこるレザー専門店。 ライダースから大人ジャケットまで、メンズ、レディースともに品数が多いといった感想をいただいております。

高級レザーをリーズナブルに提供したいという想いから、40年の歴史を誇る旧ニチワの伝統を受け継ぎ、革の買い付けから企画、生産、販売までを一貫体制で手掛ける事により、商品によっては市場販売価格の半値以下といったリーズナブルな価格で販売されています。

メンズは、幅広い世代に人気のライダースジャケットや革ジャン、レザーブルゾンやレザージャケットなど。 真冬のアイテムとしては、高級水鳥ダウンを使用した保温性抜群のレザーダウンジャケット、ムートンジャケットやムートンコートなど。

レディースは、カジュアルレザーから女性らしいエアリースタイル、人気のレディースムートンやレザースカートとレザーショートパンツまで取り扱っています。

これほど多くのレザージャケットやコートなどを取り扱っているブランドは他にないといった感想が多く寄せられています。

レザー専門店「ニチワレリューム」販売サイトへ

レザー専門店「ニチワレリューム」のメンズ/レディース用人気アイテムとは?

レザー専門店「ニチワレリューム」
吟味されたきめ細やかな上質感。光の具合によって豊かな表情を見せてくれる艶やかさ!
何年も身体に馴染ませたかのような質感、、、これがいいですよね。

レザー専門店「ニチワレリューム」は、世界中の革のタンナーやメーカーからカウ、ラム、ゴート、ムートンなど品質に優れた素材を集め、時代性のあるオリジナルデザインを提案しています。 素材の特性に合わせて、最適な加工と縫製の出来る一流ブランドの服も手がける提携ファクトリーで厳しい管理のもと生産しています。

メンズ用人気アイテム
 ディテールにも隙がない大人のベジタブル【ファー付ベジタブルスタンド/レザーブルゾン】
 レザー専門店「ニチワレリューム」 >>>詳しくはこちら
※ツヤを抑えたベジタブルなめしに大きめの光沢ジッパーを効かせたデザイン性の高い一着。
 ハードな印象ながらラム特有の軽い着心地でストレスフリーに楽しめます。衿レッキスファーは取り外し可

レディース用人気アイテム
 遊び心ある素材に凛々しさを添えて【ノーカラージップアップ/レザーブルゾン】
 レザー専門店「ニチワレリューム」 >>>詳しくはこちら
※女性らしいきれい色を品よく取り入れたカジュアルジャケット。
 裏地には同色のドット柄を使用し、さりげないお洒落感を演出。スタイリングしやすく秋口から春先まで活躍します。

40年の歴史を誇る旧ニチワの伝統を受け継ぎ、革の買い付けから企画、生産、販売までを一貫体制で手掛ける事により、例えば市場参考価格10万円前後の革ジャン・レザーアイテムを半値の5万円以下といったリーズナブルなプライスを実現しました。

加工もレザーアイテム定番のナッパ加工(表革)はもちろん、自然の風合いを楽しめるベジタブルレザージャケットから、アンティックレザーにシワ加工やウオッシュ加工といったヴィンテージタイプまで、多種にわたって取り扱っています。


レザー専門店「ニチワレリューム」素材で選ぶ革の違い・特徴!

レザー専門店「ニチワレリューム」
※素材で選ぶ革の違い・特徴とは?

革には、さまざまな種類があり、違った特徴があります。 ニチワレリュームの商品はラム革が多いようですが、今回はそれぞれの革の特徴などを紹介します。

生き物の皮なので、それぞれの動物によって違いがあり、軽さ・丈夫さ・肌触りなど、何にこだわるかによって、選ぶべき革も違ってきます。 きちんと知っておくことで、これからのお買い物もしやすくなること間違いなしですよ。

ラム革
薄くて軽く、柔らかいので、ファッションを楽しむのにピッタリのラム革。
ニチワレリュームでは、ジャケットやコートなど多くの商品にラム革を使用しているとのことです。 デザインだけでなく、着ていて楽なもの、心地良いものへのこだわりを持っているからこそ、ラム革が重宝しているそうです。

ゴート革
ラムのように柔らかな着心地でありつつ素材の丈夫さも併せ持つのがゴートスキン。
起毛革の素材として、ニチワレリュームでも扱いのある革です。 強度があるので型崩れせず、長く使いたい人にはピッタリ。 ただ、表面のキメがラムほど細かくなく、風合いではラムに劣る部分があります。

牛革
硬くて強い肌触りが特徴の牛革。
そのため、ライダースジャケットや野球道具のように、身を守る目的のものに多く使用されています。 また、以前に比べると最近の牛革は軽くなりましたが、それでもラムやゴートに比べると重さが目立ちます。 日常に着る際の着心地という視点では、少し心地良さに欠けるかもしれませんね。

豚革
豚革は、軽くて通気性が良いのが特徴。
ただ、その通気性の良さは毛穴の多さと大きさから来るものなので毛穴が少し目立ってしまうのが欠点。 一方で豚革は肌触りもよく、スエードに適している素材なので、毛羽立たせれば毛穴も目立ちません。

>>>「革ジャンの魅力は何か?」はこちら

レザー専門店「ニチワレリューム」販売サイトへ

このページでは、サイト訪問者の方々が、安い価格、料金で通販や申込ができるように、楽天などのお店の販売店を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるかどうか、無料、お試し、トライアルキット、トライアルセットがあるか、ポイントは?値引きは?返金、返品保証、保障は?などの情報を紹介する予定です。公式サイトやプログ、コマーシャル、CMなどを情報源に、ロコミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、結果、成果、メリット、デメリットなど、ケースによっては、人気ランキング形式などで比較していきます。オークション情報(ヤフオクなど)、在庫、在庫あり、即納、正規、正規品かどうかYouTube、勣画、NAVERまとめ、アットコスメなどからの情報についても調査していきます。